アパートとマンションは、その違いを見分ける時に、明確な基準がありません。しかし特徴はあります。

わが家の近くにもアパートが結構あります。
New Entry
わが家の近くにもアパートが結構あります。

アパートとマンションの違いには明確な基準がない

わが家の近くにもアパートが結構あります。
アパートという建物を明確に規定することはできません。またマンションという建物も、明確にはこれを表すことはできません。ある建物が、アパートになるのか、それともマンションになるのかは、その判断の基準として何か条文化されたような明確なものはないのです。

しかし、両者を分ける目安のようなものはあります。それは必ずしもはっきりと決まっている者ではありませんが、その建築構造が違いの基準と言えます。すなわち、アパートは木造建築、マンションは鉄筋コンクリート造りと、どういう造りをしているかで、どちらかに分けることが可能なのです。しかしこれはあくまで目安に過ぎず、鉄筋コンクリート造りにもかかわらずアパートと呼ばれている物件も少なからずあります。

これは要するに、不動産会社が物件を売り出すあるいは貸し出す際に、物件のイメージをよりわかりやすくするために、名称を使い分けているに過ぎないのです。アパートというのは、マンションよりも賃料が安く設定している場合が多いです。これに対してマンションは、賃料は高めながらも設備が充実しているものが主流です。マンションと呼ぶ場合、その設備が物件の売りなのです。アパートと呼ぶ時には、設備よりも安さが売りなのです。こうしてアパートとマンションの違いができるのです。

注目リンク