アパートはマンションに比べて確かに設備は劣ります。しかし賃料に優れ、また設備の充実したアパートもあるのです。

わが家の近くにもアパートが結構あります。
New Entry
わが家の近くにもアパートが結構あります。

マンションではなくアパートを選択する意義

わが家の近くにもアパートが結構あります。
アパートを選択する意義は何でしょうか。設備であれば、アパートはマンションよりも劣ります。マンションの設備は、鉄筋コンクリート造りであることが多く、したがってその耐震強度や防寒防火性、それから騒音が漏れず聞こえづらいという防音性にも優れています。これに対して、木造建築であることが多いアパートは、耐震面でもマンションにはかないませんし、燃えやすく、騒音も伝わりやすく、確かにマンションに比べて暮らしにくさというのはあるかもしれません。

そうした欠点に対して、アパートの利点としては、まず賃料の安さについてマンションよりもパフォーマンスが良いという点でしょう。前述のとおり、アパートはマンションに比べて設備が劣ります。したがって賃料も安い傾向にあるのです。物件の価値を決めるのは、立地条件と賃料です。立地条件については、これはアパートだろうがマンションだろうが変わりません。しかし賃料については、アパートの方がマンションよりも格段に低いのです。これはアパートの最大の強みです。それに設備面でも、マンションに劣るとはいえアパートの設備が酷いというわけはありません。今の時代、アパートと言えどその設備は充実してきているのです。賃料が安く、設備も良いアパートは、魅力的な物件なのです。

注目リンク