賃貸物件で木造や鉄骨の構造の建物をアパートと呼ぶ傾向があります。マンションに比べ家賃が安いのがメリットです。

わが家の近くにもアパートが結構あります。
New Entry
わが家の近くにもアパートが結構あります。

賃貸マンションより家賃が安い傾向にあるアパート

わが家の近くにもアパートが結構あります。
賃貸物件のアパートとマンションは、法律的には明確な定義というものはありません。しかし、実際には木造や鉄骨などの構造のものをアパート、鉄筋コンクリートなどの構造のものをマンションと呼ぶ傾向があります。木造や鉄骨のアパートの場合、鉄筋コンクリートのマンションに比べて音や振動が伝わりやすいという特徴があります。隣の話し声や外の音が聞こえやすいのです。また、上の階の部屋の足音なども伝わりやすくなります。断熱性もマンションの方が高くなります。しかし、マンションに比べて家賃が安いというメリットもあります。家賃の安い物件を探すなら、アパートを探した方がよいでしょう。

アパートにもいろいろな条件のものがあるので、探す時には条件を絞ると探しやすくなります。人の足音が気になる場合には、2階建てのアパートの上階を希望するとよいでしょう。逆に、小さな子どもがいて走り回る場合にはアパートの1階にすると気を遣う回数が減らせます。古い建物でも部屋をリフォームした物件などは、家賃も手ごろで、部屋もきれいな状態です。駐車場が必要な場合には、アパートの駐車場が借りられるか、なければ近所に借りられるところはあるかなどの確認が必要です。

注目リンク