アパートとマンションというのは、まったく違いがないのです。基本的には好きなほうを選べばよいのです。

わが家の近くにもアパートが結構あります。
New Entry
わが家の近くにもアパートが結構あります。

アパートとマンションについて

わが家の近くにもアパートが結構あります。
実はアパートとマンションとは違いがないのです。明確な定義の差があるわけではありませんから、気にしないことです。国が決めている不動産の法律である、宅地建物取引業法でも建築物の法律、建築基準法でも規定がないのです。国はアパートとマンションについて区別はしていないわけです。つまりは、アパートとマンションは共同住宅、集合住宅ということになります。但し、一般的な認識として、鉄筋コンクリート製で三階以上になりますとマンション、と呼ぶことが多いです。但し、安いのはアパートであることが多いです。なんといっても家賃が安い、というのは実に有難いことであるといえます。ですから、アパートを選ぶ人は多いです。それでもマンションのほうが良い、と言う人もいます。セキュリティ性が高いのはマンションなのです。ですから、女性なんかはマンションを選ぶことも多いです。

マンションとアパートには法律的な違いがあるわけではないのですが、それでもメリットの差はあります。ですから、出来るだけ自分にとってメリットがあるほうを選べばよいのです。アパートのほうがお勧めできることが多いです。安い、というのはなんといっても有難いことであるといえますから、選ぶ人が多いわけです。