アパートには似たような名称が多いです。実はそれなりに意味がありますから、覚えておくと良いです。

わが家の近くにもアパートが結構あります。
New Entry
わが家の近くにもアパートが結構あります。

アパートの名称についてのこと

わが家の近くにもアパートが結構あります。
アパートにはコーポ、ハイツ、メゾンなどの名称がついていることが多いです。ハイツは英語で高台という意味です。コーポも英語であり、共同住宅という意味です。正確には、cooperative houseであり、これの略称になります。メゾンは仏語で家という意味です。つまりは、それなりに意味がある、ということになります。ハイツなんかは高台ですから、それなりにあったところにそうした名称がついていることがあります。アパートとマンションというのは、実は違いはないのです。つまりは、法律的な定義の差はないのです。しかし、一般的な認識で二階程度の集合住宅の場合はアパートとしていることが多いです。マンションはそれ以上の大きさの鉄筋コンクリート製の集合住宅、ということになります。構造的にはマンションのほうが頑丈であることが多いです。

生活する上で構造の安全性はもちろん、生活音を遮断してくれる遮音性や断熱性はかなり大事です。マンションのほうがそれらが優れているのですが、それでも安いのはアパートのほうなのです。ですから、住居費を抑えたいのであれば、アパートにしたほうがよいです。最近では耐震性はもちろんのこと、セキュリティ性の高いアパートが増えています。

注目リンク