アパートの名称は、英語、仏語、独語などが使われることが多いです。意味はありますから、覚えておくことです。

わが家の近くにもアパートが結構あります。
New Entry
わが家の近くにもアパートが結構あります。

アパートの名称は外国語のものが多いです

わが家の近くにもアパートが結構あります。
昔はアパートといえば、何々荘とかそうした名前が殆どだったのですが、今ではアパートでも英語のような名前が増えています。それぞれに意味があるのですが、すべて似たようなものであり、別に知っていなくてもよいことですが、話の種として覚えておくと面白いものです。ハイツというのは、英語で高台、という意味です。コーポというのは、英語で共同住宅という意味であり、メゾンは仏語で家です。さらにそこまで多くないのですが、ヴィラというのもあります。これも仏語であり、実は別荘という意味です。ハイムはハイツやメゾンと同じくらいありますが、実は独語であり、家や住まいと言う意味です。すべて似たような意味であるわけです。ちなみにマンションにそれなりに多い、シャトーは仏語は豪邸とか貴族の住む家、という意味です。つまりは、豪華な邸宅、ということです。

名前でどうこうなるわけではないのですが、こうした名称が多く、そしてキチンと意味があることは覚えておくと良いです。さすがに名前負けしていないところにしたほうが外聞もよいからです。色々な名前がありますが、アパートは基本的に小規模な集合住宅であり、そこまで豪華ではないです。しかし、最近では外観にも力を入れているところも増えています。

注目リンク