アパートの名称というのは、英語であることが多いです。意味くらいは覚えておいたほうが良いです。

わが家の近くにもアパートが結構あります。
New Entry
わが家の近くにもアパートが結構あります。

アパートの名称というものは

わが家の近くにもアパートが結構あります。
アパートの名称というのは、よくよく見て見ると似たようなものが多いです。メゾンとかハイツとかそうしたものです。地名に加えて、ハイツとかそうした名称であるのがかなり多く、普通に受け入れられているものです。昔は何々荘とか実に日本風の名前が多かったのですが、今では英語のものが多いのです。ちなみに意味なのですが、どれも似たようなものです。ハイツは高台という意味であり、コーポは共同住宅という意味です。ちなみに仏語も多く、メゾンとかヴィラは仏語です。基本的に名称は特に気にすることでもないのですが、やけに長かったり、意味があまり通じないようなものであるのは手紙とかで面倒になりますので、覚悟しておくことです。ちなみにアパートとかマンションも実はほぼ和製英語です。正しい意味でマンションというのは、豪邸ですから、マンションに住んでいます、というと凄いことになります。

それとアパートとかマンションとかいいますが、実は法律的な定義があるわけではなく、不動産屋のさじ加減で分類されています。一応は鉄筋コンクリート製で三階以上であれば、マンション、ということが多いです。比較的小規模ですとアパートと呼ぶことが多くなります。

注目リンク