サラリーマンの終身雇用制はもはや崩壊しています。その為アパート経営などの不労所得源を確保しておく事が大事です。

わが家の近くにもアパートが結構あります。
New Entry
わが家の近くにもアパートが結構あります。

不労所得のアパート経営

わが家の近くにもアパートが結構あります。
サラリーマンの年収はデフレ経済のあおりを受けて一向に増えない状態にあるのです。特にここ数か月消費税の増税によっていっそう物が売れない状態が続いています。このままますます物価の下落や雇用不安定な状態に陥ることが懸念されているのです。サラリーマンを続けても年収が伸び悩み、なおかつ終身雇用制も崩壊しているので、サラリーマンは昔の様な気楽な稼業ではなくなっているのです。常に解雇されても生活に困らないだけの収入源を何か用意しておくことはこの時代非常に大事なことだと言えるのです。

例えば不労所得というものを何か一つ作っておくと非常に便利です。寝ていても所得が発生するものを不労所得と言うのです。なかでもアパート経営などは不労所得の一つに数えられサラーリーマンにも人気の副業にもなっているのです。何もアパート一棟を用意する必要はありません。アパートの一室、ワンルームなどを購入し、それを毎月5万円で賃貸すれば毎月寝ていても自分の口座にお金が振り込まれ、働かなくても副収入を得ることができるのです。これからの時代、サラリーマンも明日はどうなるかわからないものです。こうした給与所得以外の収入源を確保しておくことは非常に大事なことなのです。

注目リンク