アパートは家賃が安く一人住まいに最適です。しかし防犯面や騒音問題に気をつけなければいけないのです。

わが家の近くにもアパートが結構あります。
New Entry
わが家の近くにもアパートが結構あります。

アパートに住む際の注意点

わが家の近くにもアパートが結構あります。
学生の下宿、単身赴任の男性の一人暮らし、高齢者の一人暮らしにアパートは良く選択される住まいと言えます。手狭でありながらも一人で住むには十分な広さを備え、風呂やトイレ、洗面などもきちんと備え付けれているのです。そして何より家賃が安いと言うのが魅力的です。多くのアパートの場合、二階建て程度の建屋でありマンションのようにエレベーターなど付いていません。階段で上り下りする方式なので共益費や管理費なども安く非常にリーズナブルに住むことができるのです。

当然のことながら玄関などにもオートロックやモニターフォンなどもついていません。家賃が安い分、防犯面では少し問題があるのは否めないのです。そのためアパートに住む際は、自分で防犯に気を付けて住むことが大事なのです。例えば、窓にある防犯フィルムなどを貼って窓ガラスを簡単に破られない工夫が大事なのです。また一階のベランダには鳴き砂や砂利を敷いて侵入者が入ってきたらすぐに物音に気付くようにしておくことも大事です。出来れば大家さんと交渉して玄関のカギをもう一つつけさせてもらうようにしたいものです。またアパートは壁や床が薄い構造なので騒音問題が頻発しやすいのでテレビの音量、洗濯機の使用時間に気をつけなければいけません。